20091205 『YOKOSUKA軍港めぐり』(12号バース)護衛艦「ひゅうが」,空母「ジョージ・ワシントン」
b0176417_1127658.jpg
2009年12月5日(土)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて12号バース方面 海上自衛隊第1護衛隊群第1護衛隊 護衛艦「ひゅうが」さん,米海軍さん空母「ジョージ・ワシントン」さん

海や山を目の当たりにし,またその中に身を置いていると,時として,「神懸かり的」と思うような事が起きます.大げさではないのですよ.本当に.昔昔の…私たちの「先人」が非常に信仰厚かった事が判るのです.どれほど知識や技術が発達しようと,永遠に私たちは「自然」を自在に操る事など出来ないのです.そこに「神」の存在を感じるのは当然の事で,信仰とは「神を信じる信じない」等と云う安易な二者択一ではないのです.抗し難い大きな力(自然)に従いながら生きる為に.何故,こんな事を書いたかと云うと.数回前の投稿の「再来」となったこの記録.この場面は,4月の記録ではありません.12月5日…荒天の12月5日の記録です.

この日,『YOKOSUKA軍港めぐり』は2便乗船しましたが,2便ともに,「ひゅうが」さんの前を通過する時になると,雨は止み,雲が晴れ,陽射しが降り注いで来たのです.「…信じられない…」でした.この日の降水確率は午后80%.雲は厚く,到底青空など見えるとは思えませんでした.『グランドイルミネーション』に開門当初から向かえば,この青空を「ひゅうが」さんの飛行甲板より見る事が出来たでしょう.でも,敢えて『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船した事は「正解」でした.
by stbrristol | 2009-12-06 11:42 | 護衛艦隊


<< 20091205 『グランドイ... 20091205 『YOKOS... >>