『平成23年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』(日向灘)鵜戸神宮「祈念」
b0176417_0524120.jpg
平成二十三年十一月八日(火)宮崎県日南市 鵜戸神宮さん
海上自衛隊掃海部隊の皆様

昨年の「今日」。宮崎県日南市の鵜戸神宮さん。当時の福本掃海隊群司令(現 海上自衛隊幹部学校長)を筆頭に、掃海部隊の皆様が数日後より、鵜戸神宮さんの目の前に広がる日向灘にて行われる『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』安全祈念にいらしていました。「鵜戸さん」は奇岩連なる日南海岸の洞窟内におわします。「鵜戸さん」は、いつ訪れても、しっとりとしています。洞窟内ですし、本当に目の前は日向灘です。「鵜戸さん」が乾いていた事はありません。じめじめとしているのではなく、ひんやりしっとり。不思議に落ち着くのは、その「しっとり」とした空気に包み込まれるような安堵感があるからかもしれません。いつも、洞窟内の岩に触れながら参拝します。

この数日後、訓練開始の日に再び、独り「鵜戸さん」参拝に訪れました。日向灘が荒れていたからです。降りしきる雨。地響きを伴い眼前の岩場にたたきつける波の轟音。荒々しい海への畏怖を新たにしましたが、本殿洞窟内に入ると、心底ほっとしました。「どうか、皆様がご無事であるように」と祈念しました。そして、約10日後にも、再び「鵜戸さん」を訪れる事になります。そして、その参拝の帰り道、バスを途中下車し、じっと日向灘を静観していましたが、夕刻になりましたので、やむなくやって来たバス(本数が少ないのです)に乗りましたが、奇しくも、その時間に「達成」であったと後に知らされました。「奇しくも」では、ないのでしょう。「人智を超える」。自分は、「鵜戸さん」にお願いをしました。お願いをしたら、御礼に行かなくてはなりません。
by stbrristol | 2012-11-08 01:14 | 平成23年度機雷戦訓練(日向灘)


<< 『平成23年度 機雷戦訓練・掃... 『平成23年度 機雷戦訓練・掃... >>