カテゴリ:第57回開校記念祭( 9 )
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(9)陸上自衛隊 第1空挺団「降下」
b0176417_23511936.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて 陸上自衛隊中央即応集団「第1空挺団」の皆様,輸送ヘリコプターCH-47JA「チヌーク」さん

「空」が続きます.当日の資料がありませんので,少々不安ですが…上空をチヌークさんがずっと旋回している…と思い見上げていました.昨年は雨で中止になってしまったパラシュート降下が始まると気付いたのは,本当に直前の事でした.チヌークさんは日常的にお姿を拝見していますが,これまで見たうちで,最も高く.その為,レンズをreflexに付け替えた直後でした.「あ!?」.あまりに高かったので,撮っている時には判りませんでしたが,帰宅して画像を確認して驚きました.「パラシュートはまだ開いていない」.驚きの「落差」でした.

第1空挺団の方々と10年以上前に撮影現場でご一緒させて戴いた事を思い出しました.15年ほど前になるかもしれません.藤野(神奈川県)の高台のスタジオ(元豪邸.印象に残っているのは,庭のプールと螺鈿のついたて)での撮影でした.撮影現場に持参された「ミニコミ誌」を拝見し,かるちゃーしょっくを受けた事も思い出しました.それから約15年が経ち…
by stbrristol | 2009-12-04 00:06 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(8)観閲式ブルーインパルス展示飛行5番機「螺旋」
b0176417_234671.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』観閲式 航空自衛隊「ブルーインパルス」5番機さん

螺旋です.相当螺旋です.「tornado」です.吾妻島前の洋上から青い空へ.潜水医学実験隊の皆様の記録から,黒電話→ブルーインパルスさんへと飛びましたが,きちんと「連動」しています.「螺旋」.ブルーインパルスさんを記録するにあたり,出来る限り引こうと思ったのは,このスモークの軌跡をしっかり納める為です.また,優美ながら凄まじい速さですので,あまり寄ってしまうと追いつけません.しかし…何故に,これほどの螺旋になるのでしょうね.気象条件により,旅客機等の「飛行雲」がリング(チェーン)状になる事がありますが…実に見事な「螺旋」です.
by stbrristol | 2009-12-03 23:38 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(7)「黒電話」
b0176417_23134071.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて陸上競技場前

時刻は午后1時.観閲式も第1空挺団の皆様の降下も終了し,棒倒しまでは時間があります.さて…煙草を吸っては少し歩き,また煙草を吸っては…の繰り返しなのですが,ふと目に留まったのは…「黒電話!!」.前回の投稿にて潜水医学実験隊のお方の右腕に螺旋コードが見えた事で,この1枚を思い出したのです.日常生活においての螺旋コードは…すぐに思い当たるのは,固定電話機のみでした.何故,コードは螺旋?Mac周辺機器のケーブルは全て「まっすぐ」です.捩じれているのは,固定電話機ぐらいです.もし,固定電話機のコードが螺旋でなかったら?使い勝手が悪そうですね…螺旋にする意味は?普段はコンパクトに.必要があれば延長出来る.潜水医学実験隊のお方の右腕に見えた螺旋コードは何に接続されているのでしょう?新米見学者2年生は,コード1本であっても,妙に気になるのです.至って真剣に神妙に考えてしまうのです.それに…この黒電話.何処から繋がっているのでしょう…(屋外で固定電話機を見る事はあまりないので.公衆電話以外).さて…吾妻島前から小原台に「飛び」ました.また,連動(連想)する場面を含め,数回11月のはじめに戻ります.
by stbrristol | 2009-12-03 23:25 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(6)機雷用係維器「銀の夜」
b0176417_3392165.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて防衛学館前 F-1支援戦闘機,機雷用係維器

夜の機雷用係維器とF-1支援戦闘機.写真は,かなり明るく撮っていますが,実際には木陰と云う事もあり,夜の帳も降りた頃には,肉眼では観えづらい時間帯です.背後の防衛学館の灯が頼り.第57回開校記念祭の最終盤の記録.距離を開けたのは,これまで至近距離から寄って撮っていたので,引いてみようと.物事は一方向からだけでなく,また近過ぎると逆に観えなくなってしまったりもしますし.戦闘機と魚雷の間に,「ぽつねん」と機雷用係維器.小さいです.ちっぽけです.まして,海の中にいれば,なお「ちっぽけ」です.しかし,その破壊力は小さくもちっぽけでもありません.その対比の怖さ.今は,夜でも鈍く光る銀色の塊,木陰でおとなしくしていますが,その「沈黙」こそが恐怖であり,脅威.この「無口で極めて危険で凶暴な怪物」と対峙されたのは,海上自衛隊さんの誇る「水中処分員=爆発物処理班」の方々である事を改めて考えた「引き」の記録.
by stbrristol | 2009-11-11 03:56 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(5)観閲式ブルーインパルス展示飛行5番機
b0176417_3114229.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』観閲式 航空自衛隊「ブルーインパルス」5番機さん

ブルーインパルスさんを間近で見学したのは,今回の防衛大学校さんの開校記念祭が初めてでした.優美ながら凄まじい速さです.寄りたい気持ちは山々ですが,何よりこのスモークの軌跡を出来る限りファインダ内におさめければなりません.引きすぎれば機体が判りづらくなります.難しい選択です.実際には,この瞬間は上昇ではないかもしれません.「720度ターン」と云う課目があるように,記録する超新米見学者(まだ2度目です)も,じっとはしていません.その為,お客さまの最後列を選びました.動ける余裕のある場所に立つ事が必要なのです.特に正面前方から後方へ飛び抜けてゆく場面では,瞬時に振り返る必要があります(本館投稿の時計台上空通過時).座っていたり,お客様の間に入ってしまうと,それができません.
b0176417_333816.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』観閲式 航空自衛隊「ブルーインパルス」5番機さん

とにかく,「限界ぎりぎり」まで.最早,この時,どのように撮っていたのか,全く記憶にありません.思い出せないのです.記録の前後の繋がりを確認しても,実際にどの角度でカメラを構えていたか等は,全く思い出せません.相当斜めに振った場面もありますし,縦位置で横位置を撮るような事もしています.頻繁に角度(カメラを構える)を変えなければ,到底撮り切れないのです.空の色が変わっていますね.斜光の位置に入ったのでしょうか(何もかも思い出せない).
by stbrristol | 2009-11-11 03:27 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(4)棒倒し優勝第壱大隊
b0176417_2255886.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて 棒倒し競技会優勝 第壱大隊さん

現在,ここ『りぶろ』に集中投稿しています.今夜は,かなり時間と地点を行き来します.6月よりの過密スケジュールであった数々の行事が終了し,雨の夜にさまざまな場面が思い出された為です.今夜準備した記録を一気に投稿します.あまりに投稿出来ていない記録が多過ぎ,次第に重圧(記録の)がかかりつつありますが,出来る事から地道に着実に.この日の第壱大隊さんのように力強く.見事,平成21年度棒倒し競技会優勝の第壱大隊さん.らっぱ吹き,勝鬨を挙げ,元気いっぱいに戻って来られます.しみじみ「若いって素晴らしい…」と思った次第であります.この場面,もっとたくさん記録したかったのですが,拍手せずにはいられませんでした.
by stbrristol | 2009-11-11 02:34 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』(3)「廉恥・真勇・礼節」
b0176417_2565839.jpg
2009年11月8日(日)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて

観閲式終了後.整然と行進する「若者」の姿を観て,さまざま思うところあり.敢えて個人の感想を書かず,パンフレットにある学生委員長さんの「ご挨拶」を引用させて戴く事とします.

 我々防衛大学校学生は、ここ小原台の地で学生綱領を心に日々の修練に励んでいます。学生綱領とは、内面に追求する理想、すなわち「廉恥、真勇、礼節」の3つです。廉恥とは、慎みを知り、情を知り、何事も正面から堂堂と取り組むこと。又、自己に対する誇りの念を持つこと。真勇とは、自らの葛藤と戦い、人を慈しみ、救う心を持つこと。そして、礼節とは人を敬い、和の心を持つことです。我々は入校時よりこれらを常に意識しながら自分自身を律し、厳しい訓練に耐え、全力で学業に励んでおります。そのような日々で培われたものこそ「威風堂堂」とした姿なのです。
by stbrristol | 2009-11-10 03:09 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』機雷用係維器(茜)
b0176417_1452094.jpg
2009年11月7日(土)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて 機雷用係維器

■機雷用係維器■
係維器:海底に沈めた係維器にワイヤーロープ等で触発機雷を海中の所定の深さに浮かべるためのもの

1990年8月2日、イラク軍によるクウェート侵攻に端を発した「湾岸戦争」(1991.2.28多国籍軍全面勝利)で、ペルシャ湾にイラク軍が敷設した触発機雷(LUGM-145)を海底から係維索で繋いでいた係維器。機雷は、掃海派遣部隊の掃海艇が爆破処理し、掃海母艦「はやせ」が持ち帰ったものである。

今夏8月1日以降,頻繁によぎるのは,横須賀水中処分隊長である杉山重一三等海佐が仰られた「それから,約20年が経ち…」.テレビ(活字でも)などでよく耳にする「失われた10年」.いつも抵抗を感じていた表現.今,改めて「失われてなどいない20年」との思い強く.全ては繋がり,失われてなどいない20年.時間は失われたりしない.
by stbrristol | 2009-11-08 01:57 | 第57回開校記念祭
200911 防衛大学校『第57回開校記念祭』機雷用係維器(銀)
b0176417_1403487.jpg
2009年11月7日(土)防衛大学校さん『第57回開校記念祭』にて 機雷用係維器

速報の速報です.1年ぶりの「再会」.昨年とは,お姿が変わっていました.午前11時5分.防衛大学校さんに到着直後.『第57回開校記念祭』1st cutは,機雷用係維器.白い陽に鈍く光る重銀の塊.銀鎖の拘束.昨年,何故,この角度から撮っていなかったのか?と自問自答.
by stbrristol | 2009-11-08 01:43 | 第57回開校記念祭