カテゴリ:INDUSTRIAL DIVERS( 8 )
20100708『YOKOSUKA軍港めぐり』(機雷桟橋)YF2135 with JMSDF INDUSTRIAL DIVERS
b0176417_22435492.jpg
2010年7月8日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊横須賀港務隊 交通船YF2135号さん、横須賀水中処分隊の皆様、潜水医学実験隊の皆様、潜水艦救難母艦「ちよだ」さん飽和潜水員の皆様

お昼どきの機雷桟橋に交通船YF2135号さん。続々と出て来られているのは、横須賀水中処分隊・潜水医学実験隊・潜水艦救難母艦「ちよだ」さん飽和潜水員の皆様。吾妻島前に大勢の方々が訓練に出て来られる「予告」。『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんが汐入桟橋に戻る数分前の場面です。更に、この後、鮮やかなブルー&イエローの皆様がご登場になられた筈なのですが、残念ながら「時間切れ」となりました。それにしても、「夏」ですね。横須賀的には、今年は「空梅雨」。梅雨の晴れ間と云うより、既に夏なのですが、1日のうち、目まぐるしく空模様が変わるのが今年の特徴でしょうか。
by stbrristol | 2010-07-14 22:50 | INDUSTRIAL DIVERS
20100608 『YOKOSUKA軍港めぐり』JMSDF SUPER INDUSTRIAL DIVERS, MSC-681
b0176417_019725.jpg
2010年6月8日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀地方隊第41掃海隊 掃海艇「すがしま」さん、横須賀港務隊「交通船YF2135」号さん、
横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)

曇天の吾妻島前長崎の岬越しに掃海艇「すがしま」さんと「SUPER INDUSTRIAL DIVERS」の皆様。この時、『YOKOSUKA軍港めぐり』のシーフレンド1号さん進行方向左右同時進行でありました。これより進行方向左手になる吾妻島前には、横須賀水中処分隊の皆様、潜水医学実験隊の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)が「集結」。右手・横須賀消磁所方面からは第41掃海隊の掃海艇さんがたが次々と長浦港を目指しておられたのです。掃海艇さん先頭は「すがしま」さん。続いて、「つのしま」さん、「のとじま」さんのお姿が既に見えていました。
b0176417_0263918.jpg
2010年6月8日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)横須賀港務隊「交通船YF2135」号さん

日産埠頭・横須賀市リサイクルプラザ「アイクル」前。1年前の「再現」となりました。

b0176417_0292849.jpg
2010年6月8日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀地方隊第41掃海隊 掃海艇「すがしま」さん、横須賀港務隊「交通船YF2135」号さん、
横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)

引いて引いて…引きまくっての前全景です。「すがしま」さんは、既に「はこざきのはこ」地点を通過。長浦港へ向かわれています。吾妻島前には中央に交通船YF2135号さん、その周囲に展開されている処分艇さん5隻。
by stbrristol | 2010-06-20 00:33 | INDUSTRIAL DIVERS
20100603 『YOKOSUKA軍港めぐり』JMSDF SUPER INDUSTRIAL DIVERS ver.1
b0176417_045359.jpg
2010年6月3日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊掃海隊群司令部「水中処分班」の皆様、横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)

6月に入ってより、2週続けて吾妻島前は「SUPER INDUSTRIAL DIVERS」集結でありました。快晴の吾妻島長崎の岬前。先に吾妻島前に出て来られていたのは、「水中処分班」の皆様、「横須賀水中処分隊」の皆様。右手より、機雷桟橋を出て来られ吾妻島前にご到着は…「潜水医学実験隊」の皆様…いえ、潜水艦救難母艦「ちよだ」さんにご所属の潜水員の皆様と表記した方が良いでしょうか。まだ、確認できていません。

長く記録先行状態が続いておりますが、特に5月、6月は記録数が非常に多くなっています。こちら『りぶろ』は700pixの速報性ブログではありますが、しばらくは時間をゆきつもどりつの投稿となる予定です。
by stbrristol | 2010-06-20 00:13 | INDUSTRIAL DIVERS
20100610 『YOKOSUKA軍港めぐり』JMSDF SUPER INDUSTRIAL DIVERS ver.1
b0176417_22324236.jpg
2010年6月10日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)

6月第2週とは思えぬ明瞭な視界。快晴の吾妻島前。数十分前に護衛艦「さわかぜ」さんの三次元レーダー・CIWSの旅立ちをお見送りし、落ち込んでいたのですが、この日の吾妻島前・長浦港は「mode:全開」状態。大変大勢の方々が勢揃いされていました。こちらは…横須賀水中処分隊の皆様はしっかり確認できますが、ご一緒されている方々のご所属が正確に判りません。
b0176417_2237426.jpg
2010年6月10日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)

潜水艦救難母艦「ちよだ」さんにご所属の方々もいらっしゃるのですが、「潜水医学実験隊」の皆様と記述して良いのかが判りません。吾妻島前、まだまだ全貌は判らぬのです。ですが、早々簡単に判ろう筈もなく、それが「奥(懐)深さ」の証明でもあります。唯一判っているのは、「海上自衛隊さんが誇るダイバー」の皆様。間違えはありません。
b0176417_2240620.jpg
2010年6月10日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、「潜水医学実験隊」の皆様…(確認出来次第、修正・追記致します)

6月初旬は2週に渡り、吾妻島前では大変大勢の方々、また規模の大きな訓練が行われておりました。総勢100名に及ぶであろう、「スーパーインダストリアルダイバーズ」の皆様のみならず、です。その為、非常に記録数も多く、「大変な事」になっております。既に昨年より「大変な事」になっているのですが。投稿が完全に追いつきませんが、投稿の為だけに見学・記録しているのではありません。
by stbrristol | 2010-06-19 22:42 | INDUSTRIAL DIVERS
20100406 『YOKOSUKA軍港めぐり』SUPER INDUSTRIAL DIVERS(3)
b0176417_562384.jpg
2010年4月6日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊第2潜水隊群 潜水艦救難母艦「ちよだ」さんdiver teamの皆様、海上自衛隊「潜水医学実験隊」の皆様

中央の内火艇「ちよだ01」さん、グレイのごむぼーとさんに「ちよだ」さんdiver teamの皆様、右手に潜水医学実験隊の皆様。実際には、内火艇さん左後ろに横須賀水中処分隊の皆様。海上自衛隊さんが世界に誇る「潜水部隊」の皆様、「集結」です。これより訓練を始められる為、吾妻島前へご到着になられた直後の場面です。皆様が訓練される際を見学出来る『YOKOSUKA軍港めぐり』。毎日でも乗船したいと思うのは、日々、どのような訓練をなさるのか、とても興味深いからです。高度な技術が積み重ねられてゆく「日々」。僅か8分間、しかも、洋上にいらっしゃる皆様のみの見学であっても。
by stbrristol | 2010-04-12 05:14 | INDUSTRIAL DIVERS
20100406 『YOKOSUKA軍港めぐり』SUPER INDUSTRIAL DIVERS(3)「吾妻島後全景」
b0176417_228883.jpg
2010年4月6日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊第2潜水隊群 潜水艦救難母艦「ちよだ」さん潜水員の皆様
海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様
海上自衛隊「潜水医学実験隊」の皆様

少し時間を戻します。『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便、吾妻島前全景です。間もなく「はこざきのはこ」ですが、「はこざき」前でも、実際にはこれほどの距離があります。距離が開くと、実に広々しているように見えますが、吾妻島前に点在される皆様に順に距離が近づく頃は、広々としているようには全く感じられません。かなり距離がありますので、皆様の位置がよく判らないかもしれませんが、この段階で、「20100406 JMSDF SUPER INDUSTRIAL DIVERS, YOKKOSUKA」のテキスト部分の「領域」に点在されています。約8分の空間。皆様に最も近づく時間は長くても2分。ですが、この時、処分艇さんは5隻、内火艇さん1隻。計算上では「時間超過」。高度な技術の凝縮の貴重な見学は、「時間と空間」の重層でもあります。
by stbrristol | 2010-04-07 02:37 | INDUSTRIAL DIVERS
20100406 『YOKOSUKA軍港めぐり』SUPER INDUSTRIAL DIVERS(2)
b0176417_0574198.jpg
2010年4月6日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、海上自衛隊第2潜水隊群 潜水艦救難母艦「ちよだ」さん潜水員の皆様

どなたもいらっしゃらない際の吾妻島前は、広々としています。『YOKOSUKA軍港めぐり』にて通過するには約8分間あります。が、この日のように大変大勢の方々が訓練に出て来られている場合、まさにあっと云う間に過ぎてしまうのですが、この日の記録では…約8分間とは思えないのです。こちらの場面では、先に吾妻島前に出て来られていた「ちよだ」さん潜水員の皆様のもとへ横須賀水中処分隊の「しんがり」の皆様がご到着直後なのですが、あまりに展開が迅速ですので、記録が「短時間」とは思えないのです。実際に時間はあっと云う間に過ぎているのに、あまりにたくさんの場面が記録されているのです。
by stbrristol | 2010-04-07 01:10 | INDUSTRIAL DIVERS
20100406 『YOKOSUKA軍港めぐり』SUPER INDUSTRIAL DIVERS(1)
b0176417_0375229.jpg
2010年4月6日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
(左より)海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様
海上自衛隊第2潜水隊群 潜水艦救難母艦「ちよだ」さん潜水員の皆様
海上自衛隊「潜水医学実験隊」の皆様

『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便吾妻島前、「黄金等間隔」にて。ご所属は異なりますが、皆様、海上自衛隊さんが世界に誇る「DIVER」の方々。高度な技術が吾妻島前に集結です。全ての皆様が高度な技術を擁しておられる事を思うと、吾妻島前と云うのは、恐ろしいほどに「技術の凝縮」されている空間。しかもまだ、この日、訓練に出て来られた皆様「全て」ではありません。それぞれのご所属「第一陣」の皆様です。
by stbrristol | 2010-04-07 00:52 | INDUSTRIAL DIVERS