カテゴリ:平成22年度機雷戦訓練(日向灘)( 29 )
『平成22年度 機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』(日向灘)第1・51掃海隊「雨上がり夕刻」
b0176417_0372298.jpg
2010年11月25日(木)宮崎県日南市油津港
『平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』(終了後)
海上自衛隊掃海隊群第1掃海隊 掃海艇「みやじま」さん、「いずしま」さん、「あいしま」さん(呉)

雨上がりの夕刻。『平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』が終了し、この日の早朝には、ご所属の各地へ向けて、掃海艦艇さんがたが一斉に出港されましたが、第1掃海隊さんと第51掃海隊さんは、皆様をお見送りされました。『機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』終了後、一斉に掃海艦艇さんがたが出港される際は、本当に独特の雰囲気があります。晴れ晴れしくも…少し寂しい。掃海母艦「うらが」さんが出港されたのは、16時台。その後、少し雨が降り、美しい雨上がりの情景となりました。
b0176417_0504097.jpg
2010年11月25日(木)宮崎県日南市油津港
『平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練』(終了後)
海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「やえやま」さん、「つしま」さん、「はちじょう」さん(横須賀)

岸壁が多く入ってしまいますが、なかなか味わいのある「文様」ですし、掃海艦さんがたの光を映し、雨上がりの情景を演出します。第1掃海隊さんの後方には、掃海艦さんがた。そう云えば…掃海艦さんがたが3隻ご一緒の記録、この後2年の間、多くありません。と云うか、殆どないです。東日本大震災発災、ペルシャ湾での国際掃海訓練等あり、勢揃いされている際の記録が少なくなっています。世界最大級の木造艦。機雷の除去を任務とする為、木で造られているのですが、2012年より木造からFRPとなりました。既にベテランさんの域に達している掃海艦さん。出来る限り、お三方揃われている際を記録しておきたいですね。
by stbrristol | 2012-10-26 00:58 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港沖)掃海艇たかしま「入港ライン」
b0176417_2229185.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「たかしま」さん(佐世保)

喘息・気管支炎・副鼻腔炎による体調不良の為、半月ほど投稿が停止してしまいましたが、その間に少し…変化がありました。それは、ずっと「季節外れの黄砂」と書いていた、この白い霞の正体?です。当時、油津では「季節外れの黄砂」と聴いていたのですが、年が明け、全記録失敗に終わった三重県滞在中に「季節外れの黄砂」ではなかったかもしれない事が判って来ました。テレビの映像に出て来たのは、白い霞に埋没した福岡の街。「黄砂や新燃岳の火山灰ではなく…」。

間もなく、入港ラインを通過されるのは、佐世保よりお越しの第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さん。この日、佐世保の街も白い霞に覆われていたのでしょうか。宮崎県油津よりも大陸に近い長崎県佐世保。まだ、訪れた事がありませんが、「たかしま」さんの名の由来となった、鷹島を目の前に望む福島出身の『YOKOSUKA軍港めぐり』の名ご案内の瀧元あずさ嬢から、常々お話を聴いています。
by stbrristol | 2011-02-21 22:41 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港沖)掃海艇たかしま「centre」
b0176417_23481281.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「たかしま」さん(佐世保)

また投稿が少し停まりましたが…。宮崎県と鹿児島県の県境に位置する新燃岳の噴火が続いております。現地(都城市)に友人知人が多い為、連絡を取り合う日々となっています。この油津港にも火山灰が降っている事と思います。恐らく、視界もこの日のように白く霞んでいる事でしょう。思えば、不思議な事が多々ありました。この日の油津港は、前日とはうって変わって、早朝から白く霞んでいました。季節外れの黄砂の飛来。「砂」。火山灰も「砂」です。約2ヶ月後を暗示するかのような「白霞」。白灯台に近づく頃、ようやく皆様の艦番号が判別出来るようになります。晴天であれば、かなり遠方からでも、はっきりと艦番号は見えるのですが。「603」。佐世保よりお越しの第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さん。真正面「centre(center)」です。続く、掃海艇「やくしま」さんは白灯台後方で待機中。左手大島前には沖縄よりお越しの第46掃海隊・掃海艇「あおしま」さん。「やくしま」さん後方は、第46掃海隊・掃海艇「ししじま」さん。

この一斉入港の日から、2ヶ月以上が経過しましたが、新燃岳の噴火が始まった事で、意識は再び宮崎県・鹿児島県に強く引き戻されています。降灰が観測されている地域は、まさに掃海部隊の皆様の見学記録の為、行き来した宮崎県都城市、日南市、鹿児島県志布志市です。もし、この時に噴火が始まっていたとしたら…?殆ど記録出来なかったかもしれません。実は滞在中から既に前兆はありました。右手首の負傷の影響もありますが、ここ数日、複雑な思いで過ごしています。
by stbrristol | 2011-01-31 00:04 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港沖)掃海艇たかしま「峻」
b0176417_293478.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「たかしま」さん(佐世保)
(後方大島前)海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊 掃海艇「あおしま」さん(沖縄)

既に「たかしま」さんは、白灯台前に近づきつつあり、単独で記録出来る距離に来られていたのですが、敢えて引いて、後方で待機されている「あおしま」さんと大島の急峻な山並みと共に。油津港から沖合を観た際、大島は存在感があり、また、後の引き全景(見える限り)の記録では、動かぬ大島さえも「陣形」の一角であるように思えます。白灯台を入れた画角では、大島の頂上から白灯台間のほぼ「中央」を皆様が入港されます。時間が経過するにつれ、細かい点が見えて来ますが、改めて、全ての位置(陣形・進行)の見事さに驚きます。何故、くどいぐらいに書き続けているのかと云うと、台本も絵コンテもリハーサルもない、「本番一発撮り」の記録であるからです。記録の写真は、忠実に「再現」しているだけです。更に、3日後の一斉出港の際には、驚愕の精密さが記録されています。
by stbrristol | 2011-01-23 02:29 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港沖)掃海艇たかしま、やくしま「接・進」
b0176417_1872354.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん、「たかしま」さん(佐世保)
(後方大島前)海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊 掃海艇「あおしま」さん(沖縄)

着実に時間が経過しつつありますが、時間が経過するにつれ、この日の整然とした入港は新たな発見と驚きがあります。現地よりの速報も大切ですが、長く記録として残る事も重要です。本日(昨日であったかもしれません)、朝日新聞の読者の方々の「声」欄において、満州より引き揚げて来られる際の機雷の恐ろしさを綴られた投稿を拝見しました。終戦より60年以上が経過してもなお、引き揚げて来られる際の恐怖を新聞に投稿されたお方のご心情。どれほどの時間が経過しようとも、当時の恐怖は忘れ去られる事などなく、記憶に深く刻まれておられるのです。日向灘にての訓練から、早くも2ヶ月が経過。まだ、初日の入港の投稿を続けている事を少し気に病んでいました。もっと投稿速度を上げられないかと。ですが、急いて投稿を雑にしたり、省略したりするのではなく、最も大切なのは、多くの記録を地道にweb上に刻んでゆく事であると改めて思いました。webのご時世、特にtwitter全盛の折、「速報(NOW)」最善と時を走り抜けてゆくのではなく、とにかく地道に着実に。掃海部隊の皆様が60年以上の時をかけて、海に潜む・眠り続ける機雷や不発弾の処理を続けておられる事に習い。主に、各ブログに投稿されている場面は、実際の任務に就かれている「現場」の記録ではありませんが、皆様の存在の「記録=実証」を日々、少しずつでもwebの海に増やしてゆく。
b0176417_1827881.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん、「たかしま」さん(佐世保)
(後方大島前)海上自衛隊佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊 掃海艇「あおしま」さん(沖縄)

この日、この位置から記録していたのは、自分ただ独りです。赤灯台防波堤側や倉庫埠頭側にもいらしたかもしれませんが、こちら側からは、恐らく自分だけであったと思います。記録は出来る限り、多くあった方が良いです。出来る限り、さまざまなところから発信されるべきです。

穏やかな油津の洋上に展開される「rise of NATIONS ride1111」。第2掃海隊の掃海艇「たかしま」さん、「やくしま」さんの入港は、距離を詰めての進行となっています。7月の大湊での「Triumph ride」を彷彿とさせる距離感です。後方、大島前には、第四陣の「あおしま」さんが待機されています。

私事で恐縮ですが、右手首負傷からくる炎症にて体調を崩し、全ブログの投稿が約1週間停止しました。少しずつ投稿を再開致します。
by stbrristol | 2011-01-19 18:33 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港沖)掃海艇やくしま、たかしま
b0176417_3304468.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん、「たかしま」さん(佐世保)

「rise of NATIONS ride1111」。第三陣先頭は佐世保よりお越しの第2掃海隊・掃海艇「たかしま」さん。続く、「やくしま」さん。やはり距離を詰めて来られました。かなり。見事であった7月大湊での「Triumph ride」を彷彿とさせる間隔です。第2掃海隊の「やくしま」さん、「たかしま」さんは佐世保にご所属ながら、横須賀にての記録、大湊にての記録があります。第1掃海隊の皆様と共に、これまで記録機会が多い事もあり、距離を詰めて入港される事を想定していました。と云っても、新米見学者の勝手な想定であり、当日、この瞬間まで、どのように入港されるのかは判っていません。ファインダ内より感嘆致しました。今回の「rise of NATIONS ride」、全27隻の掃海艦艇さんがた、実に個性的な入港となります。7月大湊「Triumph ride」は、極めて整然と一糸乱れず。11月油津「rise of NATIONS ride1111」は、実に多彩に、かつ悠然と。
by stbrristol | 2011-01-11 03:46 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港)掃海艇ながしま「チップダクト」
b0176417_23171282.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊舞鶴地方隊第44掃海隊 掃海艇「ながしま」さん(舞鶴)

舞鶴よりお越しの掃海艇「ながしま」さん。静かに静かに油津港内を進まれます。その後方(横ですね)は、油津港を象徴する構築物。王子製紙株式会社さん日南工場へ向かう、堆く積み上げられたチップの山と大型の船舶が余裕で停泊出来るチップ埠頭。「ながしま」さん、悠然と実に広々とした油津港を進まれます。
by stbrristol | 2011-01-09 23:20 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港)掃海艇ながしま「港」
b0176417_691432.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊舞鶴地方隊第44掃海隊 掃海艇「ながしま」さん(舞鶴)

「ながしま」さん、静かに静かに油津港内を進まれます。季節外れの黄砂に霞み、最も日向的順光の厳しい地点。赤灯台が「ながしま」さんに同化しています。時間がゆったりと流れているかのように見える穏やかさ。ですが、実際には前方も後方も掃海艦艇さんがた多数。極めて穏やかな風情とは裏腹に、のんびりのどかに景色を眺める余裕は殆どありませんでした。「rise of NATIONS ride」、7時間に渡る長丁場であったのですが、7時間も防波堤に立ち続けたと云う記憶がないのです。
by stbrristol | 2011-01-07 06:17 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港沖)MSC-602,689,603,691
b0176417_652286.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)

油津港沖を望み…左手より海上自衛隊掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「やくしま」さん(佐世保)、佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊 掃海艇「あおしま」さん(沖縄)、掃海隊群第2掃海隊 掃海艇「たかしま」さん(佐世保)、佐世保地方隊沖縄基地隊第46掃海隊 掃海艇「ししじま」さん(沖縄)。その遥か後方には、掃海母艦「ぶんご」さん、右手いっぱいの地点に掃海母艦「うらが」さん。
by stbrristol | 2011-01-06 06:10 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)
『Practice TOURS ver.201011 rise of NATIONS ride』(油津港)掃海艇ながしま「行」
b0176417_0351887.jpg
2010年11月11日(木)宮崎県日南市油津港にて
平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練・潜水訓練(入港 rise of NATIONS ride)
海上自衛隊舞鶴地方隊第44掃海隊 掃海艇「ながしま」さん(舞鶴)

殆ど波を立てずに静かに穏やかに油津港へ入って来られる掃海艇「ながしま」さん。鏡のように穏やかな油津港内。ひとたび、港の外で出れば、大変美しいながらも豪快な日向灘。油津港内は、時間がゆったりと流れているかのような印象がありました。静かに進まれる「ながしま」さん。後方には、続く、掃海艇「たかしま」さん、「やくしま」さん、「あおしま」さん。見事な位置を上空からも観てみたかったです。
by stbrristol | 2011-01-05 00:39 | 平成22年度機雷戦訓練(日向灘)