<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
横須賀水中処分隊の皆様「機雷桟橋にて3」(移植版)
b0176417_6254973.jpg
2009年3月2日(月)「機雷桟橋」にて
海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

さて,ちょっと時間が空いてしまいました.その間,伊豆大島沖での貨物船衝突事故に水中処分母船YDT03号さんが捜索活動に向かわれていました.昨年8月2日に初めて横須賀水中処分隊さんの存在を知り(遅過ぎます),系列ブログ『gvein(別館)』を開設して以降,初めての「現在進行」のご活動を知る事にもなりました.と云っても,映像はほんの数秒ですし,テレビの報道などは2日のみ.やはり,実際のご活動の場を知る事は出来ませんでしたが,捜索活動に向かわれた事は「ほぼ現在進行」で判りました.

防衛省さん発表の報道資料→お知らせに「大島沖における行方不明船舶捜索に係る災害派遣について」に,掃海艇「つのしま」さんと水中処分母船さんが救命艇等を発見とありました.また,艦船は夜間も捜索を実施とも書かれていました.横須賀水中処分隊の皆様がどのように捜索活動をされていたのか詳細は,私たちが知る事は出来ませんが,捜索活動にあたられていた事,救命艇等を発見された事は判りました.いつも書いていますが,詳細は判らずとも,何も知らないのとでは大違いです.こうして観光船にて,横須賀水中処分隊の皆様がお仕事なさっている場面を見学出来る機会がある事で,「何処かで誰かが(知らない誰かが)捜索活動している」と云う漠然とした(やや無責任な)認識ではなくなるのです.

私たちが簡単には行う事の出来ない,重要で危険な任務を担う方々を知っておかねばならないと思うのです.

昨年8月2日の横須賀水中処分隊さん展示を見学(写真に撮って)して以降,たて続けに知らなかった事・判らない事にぶち当たりまくりました.今もです.例えば,皆様の黒いウェットスーツにしても,私の頭にあったウェットスーツとは,かなり異なります.ほぼ全てが「初めて知る」に近い状態です.でも,私だけがそうであったのではなく.だからこそ,少しずつでもこうしてブログに投稿して行く事で,自分も判ってゆきつつ,何かのきっかけでこのブログに来られた方も知る機会になっていけば良いな…と思っています.と,何だかまとめてしまっていますが,まだまだ全然「はじめの一歩」です.


【註】当時の『ぐらふぃこ(ふ)』投稿分を2012年10月より、こちら『りぶろ』へ移植致します。投稿日時は当時のままを再現致しますが、投稿文は移植時に修正加筆。また、移植後、『ぐらふぃこ』ではご覧戴けなくなります。
by stbrristol | 2009-03-14 06:40 | ┣横須賀水中処分隊
横須賀水中処分隊の皆様「機雷桟橋にて2」(移植版)
b0176417_611374.jpg
2009年3月2日(月)「機雷桟橋」にて
海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

海の弱輩は前週金曜日に無理をして,見事に風邪をひきました.熱でふらふらしますが寝苦しいので起きて来ました.昨日一昨日と横浜港へ行きましたが,横須賀の港に戻りましょう.昨日も久しぶりに晴れましたが,本当に久しぶりの快晴でありました.

短い時間でしたが,横須賀水中処分隊の皆様がお仕事なさっているところを見学する事が出来ました.この1枚の写真に限っても,さまざまな「お仕事」が詰まっています.まだ判らない事がたくさんの見学者がくだくだと感想を述べてもおこがましいのですが.いつもゴムボートさんの周囲に付けられているロープには,このような役目もあるのが判ったり(全てが役目をもって存在している事は判っていても,その1つ1つについては,実際に見学しないと気付かない).昨年8月2日の横須賀地方総監部一般開放『ヨコスカサマーフェスタ2008』の際,初めて「横須賀水中処分隊」さんの存在をようやく知った見学者.あまりに無知で失礼な限りですが,まず入ってすぐに「横須賀水中処分艇体験試乗」の案内を見つけ,「水中処分隊さん…どのようなお仕事をなさっている方々なのだろう…」と立ち止まり,写真を撮りました.あと半年ほどで,ようやく1年となりますが,昨年8月2日の無知ぶりから,少しずつ少しずつ,横須賀水中処分隊さんの事が判って来ました.ご本人がたではありませんから,全てを理解する事は出来なくとも.

当初投稿したブログ『ぐらふぃこ』は,「人(person)」と「場面(graphic→視覚表現)」のブログ.昨年8月2日の「横須賀水中処分隊展示」を集中投稿した『てくの(現VT to the origin)』は,「技術(technology)」.横須賀水中処分隊さんの大変高度な技術力や任務などを現在判る範囲でまとめていっています.とても難しい授業・講義を必死にノートに書き取っているような感じです.系列ブログを複数開設しているのも,さまざまな側面から「入って」いかれるように(来られるように).

それにしても,自分は何が出来るのだろう?と,極めてプロフェッショナルな方々のお仕事ぶりを見学すると常々思います.ロープ1つをとっても,まともに結べないのですし,泳ぐ事は出来ても水中で作業など出来ません.「何も出来ないんですよね」と,だら〜んとよりかかり人生では困るので,自分に出来る限りの事をやろうとは思っています.極めてプロフェッショナルな方々を観る事が出来ると,気が引き締まります.


【註】当時の『ぐらふぃこ(ふ)』投稿分を2012年10月より、こちら『りぶろ』へ移植致します。投稿日時は当時のままを再現致しますが、投稿文は移植時に修正加筆。また、移植後、『ぐらふぃこ』ではご覧戴けなくなります。
by stbrristol | 2009-03-08 05:01 | ┣横須賀水中処分隊
横須賀水中処分隊の皆様「機雷桟橋にて」(移植版)
b0176417_5395823.jpg
2009年3月2日(月)「機雷桟橋」にて
海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

この日はかなりの強風でした.通常の観光船コースは,汐入を出航し,横須賀本港から横須賀消磁所前を通り,長浦港へ向かいますが,雨や霧で視界が宜しくない場合,また強風の場合は,横須賀消磁所手前まで行き,横須賀本港から出ずに新井掘割水路を抜け,長浦港へ行きます.往路も復路の新井掘割水路を通ります.コース変更と云っても,横須賀消磁所は見学出来ます.新井掘割水路を2度通ると云う事は,訓練用?の機雷が吊ってあり,ごむぼーとさんが休んでいたりする,こちらの前を2度通る事になります.昨日は「あれに観ゆる黒いらばーの球体は…(当時は、「ラバーの球体」と思い込んでいましたが,後に鉄製と判ります)」の機雷の姿はありませんでしたが,まさに横須賀水中処分隊の皆様がいらっしゃったのです.前便では,ごむぼーとさんのみでしたので,どちらかで訓練をなさって,こちらへ戻り,お片づけをされていたところでしょうか.

とても近い距離を通りますので,皆様が良く観えました.昨年8月2日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放の際,「横須賀水中処分隊展示」にご登場になったお二方の姿も観えます.「まごう事なき横須賀水中処分隊の皆様」です.私たち一般人が水中処分隊さんのご活動を見学出来る事は滅多にありません.その為,大変重要かつ危険なお仕事をされているにも関わらず,残念な事に「水中処分隊」の方々の存在を知らずに居る人も多い筈です.こうして,ご活動のほんの一端でも見学する事が出来る機会があれば…と強く思うようになりました.大変失礼な事に私も昨2008年8月2日までは「知らずに居た」一人だったのですから.

1月末から,幸運な事に横須賀水中処分隊の皆様が真冬の海上・海中で訓練されている場面を観光船にて見学出来る機会が幾度かありました.1便ごとの記録や記憶は少しずつでも,それが積み重なれば…今回も,時間にして1分半ほどと,とても短い間なのですが,皆様がごむぼーとさんを移動したり,ベルトを収納したり,とそれぞれお仕事なさっていました.勿論,どなたもいらっしゃらず,訓練用と思しき機雷(使い込まれた)やごむぼーとさんがただけでも存在感はあるのですが,こうして実際に皆様のお姿を見学出来ると,より横須賀水中処分隊の皆様の事が身近に現実的に感じられるようになって来るのです.


【註】当時の『ぐらふぃこ(ふ)』投稿分を2012年10月より、こちら『りぶろ』へ移植致します。投稿日時は当時のままを再現致しますが、投稿文は移植時に修正加筆。また、移植後、『ぐらふぃこ』ではご覧戴けなくなります。
by stbrristol | 2009-03-03 23:15 | ┣横須賀水中処分隊