<   2009年 12月 ( 91 )   > この月の画像一覧
Explosive Ordnance Disposal YOKOSUKA ver.2009 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」
b0176417_2573445.jpg
平成21年度 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

今回投稿の元画像は800pixで作成しています.どうぞ,クリックして800pix表示にてご覧下さい.
25分割のつもりで作成していたのですが,30分割でありました.しかし…30分割であっても,全く納め切れない規模の見学・記録の1年となりました.この1年,横須賀水中処分隊の皆様を追い続けました.記録写真は膨大です.到底,30の場面に納め切れませんでした.一体,何枚の30分割を作成すれば,横須賀水中処分隊の皆様に追いつけるのでしょう.とても難しい見学でありました.実にさまざまな見学をさせて戴きました.8月1日の海上自衛隊横須賀地方総監部一般開放『ヨコスカサマーフェスタ2009』の際には,大変ご親切にして戴きました.先々週はひどく体調を崩し,皆様にご挨拶出来なかった事が大変悔やまれています.

今回の30分割画像は「第一弾」です.『ヨコスカサマーフェスタ2009』にての記録を中心に構成致しましたが,新しい年が明けてより数日は時間的余裕がありますので,年内に納め切れなかった事柄を投稿してゆきたいと思っています.

極めて高度な技術と厳しい環境に対峙する皆様のお姿を追い続けた1年でありました.全く追いつけていないのですが,この1年,本当に「大切な事」を教えて下さった皆様に改めて心より厚く御礼申し上げます.至らぬ投稿であるのが気がかりですが,何もせずに年が改まるのは心苦しいのです.何とか出来る限りの「情報発信」を.
by stbrristol | 2009-12-31 03:07 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(24)『YOKOSUKA軍港めぐり』(機雷桟橋)「潜水訓練納めの日」
b0176417_2412290.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて機雷桟橋 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

こちらの場面は,大晦日に投稿すべき,と勝手に新米見学者思い,待機していました.これより,非常に強い寒波が押し寄せている寒い寒い洋上に出てゆかれると云うのに,横須賀水中処分隊長・杉山重一3等海佐(最も左手にいらっしゃる)を筆頭に皆様,全く余裕.全然余裕.本当に余裕.皆様『YOKOSUKA軍港めぐり』に乗船のお客さまに手を振って下さいました.豪華ですね.本当に滅多にない事です.TACHIBANAさんが大幣(おおぬさ)をお持ちになられていた事もあり,この日が「訓練納め」になるのでは?と,新米見学者2年生勝手に想像.確か…この日は「大安吉日」です.終わり良ければ全て善し.です.実際に,この日が横須賀水中処分隊の皆様の平成21年度潜水訓練の納めの日であったそうです.
b0176417_2404789.jpg
この1年,実にさまざまな事がありましたが,皆様ご無事で何よりです.本当は,この場面は直後に投稿しようと思ったのですが,やはり大晦日が良いと思い,待機しました.
b0176417_2285710.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて機雷桟橋 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

横須賀水中処分隊の皆様(16)にて投稿した場面を今一度.ゆく年,くる年.新しい年も皆様ご無事で善い一年となりますよう.先々週土曜日の「痛恨のエラー」.その週より体調をかなり崩し,平成21年度をしっかり締めくくれない状態で大晦日を迎える事となりました.ですが,出来る限りの事をぎりぎりまで.時間ばかりがあっと云う間に過ぎ,それでも何とか作成した30分割.続けて投稿しましょう.
by stbrristol | 2009-12-31 02:55 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(23)『YOKOSUKA軍港めぐり』(追浜industrial)「灯台蜃気楼」
b0176417_7165566.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

どれほど遠くなろうと,皆様のお姿が完全に見えなくなるまで記録します.見切れるまでが見学です.ストーカー的執念ではなく,どれほど遠くなろうと,記録する事によって,その場では見えていない事が後に見えてくる為です.途中で「もう遠いから」と諦めてしまったとしたら,例えば,この場面は「知らなかった事」になります.肉眼で観ると,かなり遠い処にある北防波堤の白灯台.ですが,記録の画像では近い処に存在しているように見えますし,蜃気楼でもあるのです.杉山隊長第一陣の皆様,茫漠とする洋上,蜃気楼に霞む彼方へ向かわれるかのような場面.「遠くてよく判らない!」ではなくて.この1年,『YOKOSUKA軍港めぐり』にて見学を出来る機会に恵まれました.もし,『YOKOSUKA軍港めぐり』が定期就航となっていなければ,このような場面すら見学・知る事は出来なかったのです.年に1度の『ヨコスカサマーフェスタ』以外では.この思いが非常に強い為,このような遠い遠い場面でさえも,大切に思うのです.何でも当たり前に与えられていれば,物事一つ一つの大切さを痛感できません.
by stbrristol | 2009-12-29 07:30 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(22)『YOKOSUKA軍港めぐり』(追浜industrial)「goliath SUMITOMO」
b0176417_2317575.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

実に横須賀らしい風景です.住友重機械工業株式会社「横須賀製造所」さんの300tゴライアスクレーン.この角度から観ると,吾妻島の目の前(至近距離)にゴライアスクレーンが迫っているように見えますが,実際にはかなり距離があります.不思議な「距離感」です.もし,吾妻島前に向かわれる横須賀水中処分隊の皆様,吾妻島前にて訓練なさっている水中処分員の皆様がいらっしゃらなかったら,ここで写真を撮っているだろうか?と,いつも思うのです.普通?ゴライアスクレーンの写真を撮るなら,横須賀本港を出て横須賀消磁所前を通過し,目の前に追浜industrial地区が広がる時点からだと思うのです.でも,実はこの角度から撮った時に非常に臨場感のある「巨大さ」が際立つように感じます.訓練に出てゆかれる横須賀水中処分隊の皆様の処分艇さんと,このゴライアスクレーンの対比.あり得ない程の巨大さを感じるのですが,ふと…海中に潜む機雷や不発弾,爆発性危険物の脅威.そして,あまりに「巨大な海」.巨大なクレーンに向かって進む皆様の姿に「立ち向う」「向き合う」と云う事の…「象徴」のようにも感じる地点でもあります(少々,日本語変かもしれません).
by stbrristol | 2009-12-28 23:31 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(21)『YOKOSUKA軍港めぐり』(吾妻島東)「冬茜」
b0176417_412548.jpg
2009年12月16日(水)海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

ここ『りぶろ』と『gvein(別館)』の投稿が1週間お休みとなりましたが,年越しへ向けて出来る限りの投稿をしたいと思います.投稿を休んでいる間も半分以上は横須賀の港を目の前にしていましたし,『YOKOSUKA軍港めぐり』にも幾度か乗船していたので,今年1年の数々の見学を繰り返し繰り返し思い起こしていました.時間の経過のあまりの速さ,あっと云う間の1年であった事,吾妻島前での訓練見学記録は,新米見学者には至難の技であった事,撮り逃した場面があまりに多過ぎた事,先々週土曜日の「痛恨のエラー」.時間的に平成21年度の記録を綴り切れない状況.さまざまあれど,この1年,大変多くの見学が出来た事に心から感謝をせずにはいられません.まだ,あと3日ほどあります.出来る限りの投稿をしたいと強く思っています.新米見学者のこの1年は,「水中処分」一色でありました.今現在もです.この1年,何を学び,何を目の当たりにしたのか.そして,それはどれほど大切な事であったのか.それは,振り返らずとも,痛い程に判っていますし,「振り返る」ほど遠い昔の事ではありません.現在進行形.
by stbrristol | 2009-12-28 04:13 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(20)『YOKOSUKA軍港めぐり』(吾妻島東)「冬色波飛沫」
b0176417_21342.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

機雷桟橋をご出発になり,「吾妻島東海岸」の長い直線をゆかれる杉山隊長第一陣の方々.処分艇さんの波飛沫の純白が殊更寒さを感じさせます.冷たく寒い真冬並みの洋上へ.皆様が向かわれる吾妻島前は東京湾に面し,『YOKOSUKA軍港めぐり』にて巡る約45分間内で最も寒い地点.
by stbrristol | 2009-12-20 02:17 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(19)『YOKOSUKA軍港めぐり』(新井掘割水路)「縦走・重走」
b0176417_1575614.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて新井掘割水路前 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

機雷桟橋前後方よりご出発された横須賀水中処分隊の皆様.新井掘割水路前にて横一列.これより,横須賀の港各所でも最も寒さの厳しい吾妻島前へ向かわれます.皆様,揃って出てゆかれる際の記録は「初」です.暗めの曇天であった事が大変残念でなりませんが,いつでも晴天の記録ばかりでは伝わりません.雲が陽射しを遮る真冬の寒さの折でも訓練に出てゆかれる際の記録もなくてはならないのです.
by stbrristol | 2009-12-20 02:06 | ┣横須賀水中処分隊
200912 横須賀水中処分隊(18)『YOKOSUKA軍港めぐり』(新井掘割水路)「pipeline」
b0176417_2334129.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

横須賀水中処分隊の皆様が訓練に出てゆかれる際,このように近い距離にて見学出来る機会は,これまで殆どありませんでした.背景が新井掘割水路のパイプラインであった事は滅多にないのです.この日は「特別」でした.横須賀水中処分隊長である杉山重一3等海佐を筆頭に第一陣の皆様,機雷桟橋より「出陣」であります.とてもとても寒かった日.でも,皆様はやはり全く余裕です.本当に寒かったのです.厳冬の1,2月に匹敵する冷え込みでした.
by stbrristol | 2009-12-18 23:43 | ┣横須賀水中処分隊
200912 『Grand Illumination』(CVN-73)「YOKOZUNA LC47」
b0176417_23283680.jpg
Dec 5, 2009(Sat.)『Grand Illumination』USS George Washington, CVN-73&YOKOZUNA

クレーン「横綱」が指し示すのは,吾妻島前?「先端」まで行きたかったです.もう少し,吾妻島に近づいてみたかったのですが…ジョージ・ワシントンさん飛行甲板からは,いつも吾妻島前がよく見渡せるのですね.ジョージ・ワシントンさんの飛行甲板は果てしなく続き,「吾妻島GS」への「橋」のようにも見えました.米海軍さん基地内のクレーンたちには「LC**」が割当られているようですが,いつも観て思うのは…今から15年ほど前のMacintosh(Apple)の「LC530」の事です.当時,ようやく手の届くようになった「Macintosh」は,憧れのマシンでした.当時,「Centris」,「Quadra」など,魅惑的な名前を持つマシンがあり,「Power Macintosh 8100/100」は,まさに憧れのマシン(最上位機種)であった事を思い出す「LC**」.
by stbrristol | 2009-12-18 23:32 | 情景
200912 『YOKOSUKA軍港めぐり』(adzuma tank, fallen)掃海艦「はちじょう」EOD team
b0176417_23185688.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「はちじょう」さん水中処分員の皆様

この日,雨は降ってはいなかったものの(今にも降り出しそうでしたが),非常に強い寒波が日本列島を覆い始め,横須賀も「典型的」な「真冬の曇天」.冷たい風が吹き付ける暗く寒い吾妻島前.でも,最初に吾妻島前にて水中処分員の皆様を「発見」した日も,全く同じような天候でした.時間が突如,約1年戻ったかのように思えました.
b0176417_23241097.jpg
2009年12月16日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「はちじょう」さん水中処分員の皆様

皆様,すっかり「完全冬装備」に「戻りました」.吾妻島前は,美しい快晴の日も良いのですが,最初に撮り始めた頃が真冬の曇天続きであった為か,特に「流木(倒木)の岩場」地点は,このように暗く「黒」に近い日の方が合っているようにも思えます.ところで…「NINJA」さんがいらっしゃるのですが,完全に「NINJA」さんに変身しておられて…どなたか判りません…困りました…でも,これまでにお目にかかった事のあるお方であると思うのですが…果たして…
by stbrristol | 2009-12-18 23:27 | ┣水中処分員=EOD