<   2010年 01月 ( 65 )   > この月の画像一覧
201001 横須賀水中処分隊(32)『YOKOSUKA軍港めぐり』(日産埠頭)「POSITIVE STAR 4d4c61」
b0176417_18264384.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

「POSITIVE STAR」シリーズ。吾妻島前にて訓練を始められようとしている横須賀水中処分隊の皆様。海色が群青(実際には、群青よりも深い色。鉄紺色)から、褐色へ。皆様の訓練の詳細は判りません。殆どの皆様が海の中にいらっしゃる事が多いのです。この日は珍しく、殆どの方々が処分艇さん上にいらっしゃるようですが、吾妻島前へ出て来られて数分ですので、ご準備の段階でしょう。2008年8月2日に横須賀水中処分隊の皆様を初めて知った頃には、こうして実際に訓練なさっている際を見学出来る日が来るとは思ってもみませんでした。吾妻島前にて訓練なさっている事を知ったのは、昨年1月22日です。まだ、僅かたったの1年。しかも、乗船する毎に100%見学出来ていた訳でもありませんので、実際にはそれほど多く見学出来ているとは思っていません。やたらと乗船回数が多いので、ものスゴく見学しているように思えるかもしれませんが、実際には20回にも満たないのでは?その為、いつも「初めての見学」なのです。何故に、そんなにネッシンに見学しているのか怪しまれる方々もいらっしゃるかもしれませんが、私はそれほど不思議でアヤシい事だとは思っていません。丁度、今日の朝日新聞朝刊に、このような記事がありました。2008年にノーベル物理学賞を受賞された益川敏英教授の『学びの楽しさ』(朝日新聞社主催)。転載させて戴きます。学問の魅力や好奇心を抱くことの大切さを語った講演会から。

 「子どもは本来、好奇心いっぱい。親はそれをつぶさないようにしてあげることが重要だ。好奇心をのばす原動力はあこがれ。こんなにすごい人がいる、すごい理論があると感動し、その人に近づこうとする。ドン・キホーテは騎士道物語にあこがれて、自分も騎士になったつもりで旅に出た。こっけいなんだ。でも、歩み始めた時は誰でもこっけいに決まっている。あちこちにぶつかり、だんだん一人前になっていく。」

まさに滑稽な新米見学者の姿=自分が重なります。いつまでも、子どもなんですね。好奇心いっぱいの。まだ、全然一人前ぢゃないんです。そう云えば、ドン・キホーテが闘いを挑む風車。吾妻島前からは巨大な福浦の風力発電くんが見えますね…いつも強風が吹き荒れる吾妻島前。そこには…漆黒の皆様。吾妻島前に欠くべからず存在。
by stbrristol | 2010-01-31 18:51 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(31)『YOKOSUKA軍港めぐり』(日産埠頭)「POSITIVE STAR」
b0176417_48578.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

吾妻島前にての訓練に出て来られた横須賀水中処分隊の皆様。「前全景」です。左手には吾妻島前入口付近「長崎の岬」。右手には「謎の小さな遺跡」。横須賀水中処分隊の皆様、やはり「黄金等間隔」です。どこまでも「黄金等間隔」。完璧な「配置」です。まるで「絵に描いたような比率」。日産埠頭には「POSITIVE STAR」。全てに「調和」。何処にも歪んだ線がありません。見事です。そして、見学最終盤へと、この場面は繋がります。「予定調和」とは、よく宜しくない場面の表現に用いられますが、この時点は「未定調和」。いえ。「未知調和」。
by stbrristol | 2010-01-30 04:19 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(30)『YOKOSUKA軍港めぐり』(tank area)「flagship」
b0176417_2434524.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

吾妻島前に到着されてから、僅か1分半。横須賀水中処分隊長である杉山重一3等海佐「flagship」。自衛艦旗が掲げられています。潜水訓練が行われている際は、国際信号旗「A」です。この日の訓練は、後に潜水訓練へと移っていったように見えましたが、この13時便では潜水訓練ではなく、洋上を移動されながらの訓練であったと思います。広々とした吾妻島前には点々とオレンジ色のブイが配置されていました。冴え冴えと青の視界。美しい晴天時の色彩ですが、この日の吾妻島前も南西からの強風が吹き付け、決して暖かいとは云えません。特に洋上は。その真冬の洋上にて、横須賀水中処分隊の皆様は、少なくとも3時間、訓練を続けられていたのです。
by stbrristol | 2010-01-29 02:56 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(29)『YOKOSUKA軍港めぐり』(tank area)「銀櫓」
b0176417_2334735.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

吾妻島前が見え始めた頃、こちらの横須賀水中処分隊の皆様は、まだ「長崎の岬」右端でした。その地点から、この吾妻島タンクエリア入江前まで、「ただ、ひたすらに漕ぐ」。一般人であれば、とうに腕がつっているでしょう。『gvein(別館)』へ詳細に投稿しますが、引きの遠景で見た際、どれほどの距離であるかが判る筈です。
by stbrristol | 2010-01-29 02:39 | ┣横須賀水中処分隊
20100127 『YOKOSUKA軍港めぐり』海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋調査船「かいよう」
b0176417_2143577.jpg
2010年1月26日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋調査船「かいよう」さん

『YOKOSUKA軍港めぐり』吾妻島前にて、横須賀水中処分隊の皆様を始め、水中処分員さん、潜水員さんの見学を始めて以降、必ずと云って良い程、記録の遠景に登場する海洋研究開発機構(JAMSTEC)さん。高校生?の頃、東海大学さんの見学に行って以降、「海とメカニック」に興味を持ち、その後、Me-Sci(日本科学未来館)の会員になり、来館する毎に「しんかい6500」の中に入る事が楽しみとなっていました。その後、新江の島水族館にて深海生物の観察等をしていましたが、一昨年『YOKOSUKA軍港めぐり』が定期就航となって以来、常に海洋研究開発機構(JAMSTEC)さんの前を通過するようになりました。時折、さまざまな船が停泊しているのを見るのも楽しみとなっていました。この日は、横須賀消磁所の沖合に「かいよう」さん。不思議な光景でした。少しだけ蜃気楼。かいようさんの間から見える対岸千葉県の重工業地帯。クレーンで降ろされようとしているのは…作業船でしょうか??今年に入って、この付近に「謎の櫓」が出現しましたが、何かの調査が始まったのでしょうか?
by stbrristol | 2010-01-29 02:29 | 情景
201001 横須賀水中処分隊(28)『YOKOSUKA軍港めぐり』(jamstec&nissan)「しんかい6500park」
b0176417_25388.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

訓練の為、吾妻島前に到着された直後の横須賀水中処分隊の皆様。吾妻島「長崎の岬」越しに遠景は、海洋研究開発機構「JAMSTEC」さん&日産追浜自動車追浜工場。背景が刻々と変化してゆく約8分間(最長12分間)。横須賀水中処分隊の皆様は、到着された直後です。これより、訓練のご準備をされるようです。こちらの場面には写っていませんが(現在、別館版にて作成中)、既に洋上にはオレンジ色のブイが点々と配置されています。
by stbrristol | 2010-01-29 02:12 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(27)『YOKOSUKA軍港めぐり』(日産埠頭)「POSITIVE STAR」
b0176417_1395897.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

『YOKOSUKA軍港めぐり』出航から、約10分。吾妻島「長崎の岬」越しに徐々に見えて来る吾妻島前。風光明媚で日本的な海岸線と巨大な自動車積載船。その名も「POSITIVE STAR」。洋上に点在(展開)する横須賀水中処分隊の皆様。何故に、これほど縦に詰まって写るのでしょうね。緑色の「はこざきのはこ」が、とても近くに見えます。まるで楽に泳いでゆかれそうな程に。でも…実際には、遠い。最も右手の処分艇さんの方々、銀色のオールを手にされています。これより、「ただ、ひたすらに漕ぐ」のでしょうか…
by stbrristol | 2010-01-29 01:45 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(26)『YOKOSUKA軍港めぐり』(heavy industries)「yellow」
b0176417_1274857.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

機雷桟橋より出発された横須賀水中処分隊第四陣の皆様。遥か遠方であっても、瞬時に目を引く鮮やかな「黄色」。先週、機雷桟橋の上に置かれていた(吊られていた時も)と思うのです。別の色をしていましたが。これまでも機雷桟橋付近に置かれていましたが、何に使われるのであるのかは、まだ判りません。背景の追浜industrial。reflex的ではない光源のグラデーションが不思議です。太陽と雲の自然のライティング。
by stbrristol | 2010-01-29 01:37 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(25)『YOKOSUKA軍港めぐり』(heavy industries)「run EOD run」
b0176417_23415029.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

投稿再開。追浜heavy industries run EOD run。かくも美しい黄金等間隔にて吾妻島前での訓練に出てゆかれる横須賀水中処分隊の皆様。「run EOD run」は、これまで数多く投稿していますが、全てが見事です。機雷桟橋をご出発され、吾妻島前まで。殆どの場合、吾妻島東の長い直線を出てゆかれるのですが、例え同じコースであったとしても、常に同じではなく、幾度でも見学・記録したいのです。重工業地帯の過密ぶりの前は、美しい群青の海。そして、常に黄金等間隔で出てゆかれる横須賀水中処分隊の皆様。美しいだけではない事をこれまで力説して来ましたが、美しいと云う事は、そこに大変高度な技術が顕われているのです。雑多な物云いをすれば、訓練に出てゆかれるのですから、ばらばらでも良いのです。吾妻島前に着けばいい、と思っていれば。ですが、横須賀水中処分隊の皆様は、そうは見えません。そこに新米見学者は「品格」「気概」を感じたりするのです。先日、『YOKOSUKA軍港めぐり』を運航している株式会社トライアングルさんダイバーチームの見学をした際です。永井悟郎さんが、ぽつりと呟いた言葉がとても印象に残りました。「自衛隊の人のウェットスーツは、本当にかっこいい」。「かっこいい」と思う時は、どう云う時?才能、技術…秀でた「何か」を目の当たりにした時、感じた時では。楽な事をしていて、高度な技術は身に付きません。当たり前に吾妻島前へ出てゆかれる様子を見る毎に、その美しさに感嘆すると共に、「品格」「気概」を感じるのです。
by stbrristol | 2010-01-28 23:56 | ┣横須賀水中処分隊
201001 横須賀水中処分隊(24)『YOKOSUKA軍港めぐり』(吾妻島前)「Κυβερνήτης」
b0176417_2034345.jpg
2010年1月27日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様

タイトルが文字化けするかもしれません。「cybernetics」にして、黒澤監督映画的吾妻島前。wikipediaによれば、「cybernetics」の語源は、ギリシャ語の「(船の)舵を取る者」を意味するキベルネテス(Κυβερνήτης)だそうです。そうです。本日の吾妻島前。「キベルネテス」は、横須賀水中処分隊・隊長である杉山重一3等海佐。ご一緒しているのは…高見さん。美しい快晴の吾妻島前にて訓練をなさっていたのは、横須賀水中処分隊の皆様。現在、急ぎ画像確認中です。何とか早い時間帯に『日報』から投稿したいと思っています。ですが、雑にならぬように。ここ『りぶろ』のこの投稿が第一報となります。

本日の吾妻島。お昼便にて、点々とオレンジブイが配置されている光景を目にした時、この広範囲に渡り、本日の訓練が行われると勝手に確信しました。確実により多く記録する為、万全と思われる手段をとりました。では、『日報』を始め、各ブログに投稿すべく、急ぎ画像確認・作成です。
by stbrristol | 2010-01-27 20:41 | ┣横須賀水中処分隊