<   2010年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧
第五十九回掃海殉職者追悼式「献花」
b0176417_115665.jpg
平成二十二年五月二十九日 第五十九回掃海殉職者追悼式 海上自衛隊掃海隊群司令 松本幸一郎海将補

by stbrristol | 2010-05-30 01:04 | 掃海隊群
20100528 金刀比羅宮 第五十九回掃海殉職者追悼式予行
b0176417_23553934.jpg
平成二十二年五月二十八日(金)金刀比羅宮境内 第五十九回掃海殉職者追悼式予行 国旗掲揚

by stbrristol | 2010-05-28 23:58 | 掃海隊群
20100527 サンポート高松2万トン級岸壁 掃海隊群 掃海艦「はちじょう」
b0176417_0554031.jpg
2010年5月27日(木)サンポート高松2万トン級岸壁にて
海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「はちじょう」さん、掃海母艦「ぶんご」さん、JR高松駅方面

掃海殉職者追悼行事に伴う艦艇一般公開、体験航海の為、香川県高松市の「サンポート高松2万トン級岸壁」に、横須賀より掃海艦「はちじょう」さん。いつも『YOKOSUKA軍港めぐり』にて、「はちじょう」さんのお姿は目の前にしていても、なかなか記録する事の出来なかった「はちじょう」さんの夜。こうして、一つ一つ、幾度も幾度もつまづきながらも、記録を積み重ねてゆくのです。そして、ようやく、確認出来た事がありました。安堵しました。やっとです。長かった…(と云っても、 約半年)。安堵のオレンジ色の灯です。夜の港に真っ黒ずくめでアヤシい風体の人物が、じっと「はちじょう」さんを観ていたのも、ようやく確認出来て、安堵した為です。「ようやく、辿り着いた…」と云う安堵。カメラのバッテリーが切れてしまったので、やむなく戻る事としましたが、それがなければ、ずっと観ていた事でしょう。これほど間近で観られる事も滅多にありませんので。
by stbrristol | 2010-05-28 01:06 | ┣第51掃海隊
20100527 サンポート高松2万トン級岸壁 掃海隊群 掃海母艦「ぶんご」
b0176417_0375346.jpg
2010年5月27日(木)サンポート高松2万トン級岸壁にて 海上自衛隊掃海隊群 掃海母艦「ぶんご」さん

掃海殉職者追悼行事に伴う艦艇一般公開、体験航海の為、香川県高松市の「サンポート高松2万トン級岸壁」に呉よりお越しの掃海母艦「ぶんご」さん。お目にかかるのは平成21年度自衛隊観艦式以来です。また、『船の祭典2010 』との連携行事ともなっているようです。月と「ぶんご」さん。寒さに凍えていた為、一旦、滞在先に戻り、夜の訪れと共に再び2万トン級バースに戻ると…三脚を据えて、デッキに腰掛け写真を撮られているお兄さんが目に入りました。数時間、この場所から離れていましたので、その間の様子をお訊きしたところ、「月が綺麗ですよ」と教えて戴き、初めて気づいた満月。滞在先から満月を背負って走った(自転車)為、気づかなかったようです。飛行機雲、光る満月、小豆島行きフェリーターミナルの夜景も美しく。
by stbrristol | 2010-05-28 00:53 | 掃海隊群
20100302『YOKOSUKA軍港めぐり』掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「やえやま」水中処分員の皆様「ISO1600」
b0176417_0365660.jpg
2010年3月2日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「やえやま」水中処分員の皆様
海上自衛隊「横須賀消磁所」、海上自衛隊第1護衛隊群第1護衛隊 護衛艦「むらさめ」さんの皆様

雨と強風の横須賀消磁所・吾妻島前。海面はぎざぎざ。波消しブロックと岸壁に波が砕け「柵超え」です。12時便では吾妻島前に出られず、新井掘割水路を往復するコースであったそうですが、13,14時便は何とか吾妻島前へ。錫色に統一された世界。小刻みに尖る海面。その状況下においても、第51掃海隊掃海艦さんがたの水中処分員さんは訓練なさっています。また、内火艇さん、消磁ブロックの上にもお二方。こちらは、この後、横須賀消磁所内に護衛艦「むらさめ」さんが入って来られますので、ご準備の為にいらっしゃる「むらさめ」さんの皆様であると思います。雨の日であろうと、風の日であろうと、それが理由で「休み」になどならないのです。「むらさめ」さんは、この約2ヶ月後、ソマリア沖・アデン湾における派遣海賊対処行動に向かわれます。その日の為の「船体消磁」であったのでしょうか(新米見学者に断言は出来ませんので)。
by stbrristol | 2010-05-26 00:46 | ┣第51掃海隊
20100519 『YOKOSUKA軍港めぐり』掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「つしま」水中処分員の皆様「赤灯台」
b0176417_5114840.jpg
2010年5月19日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「つしま」水中処分員の皆様

艶やかな夜景から一変。海と空が同化しそうな東京湾。そして、今朝も雨です。昨日よりずっと降り続いています。まるで梅雨の終わり頃のような。まだ5月下旬だと云うのに。各ブログの投稿が停止気味になっていましたが、印刷作業に集中していた為です。昨年1月からの記録を再び「search」しつつの印刷。その為、如何に昨年の4,5月の天候が安定していたのかが判りました。この日も、横須賀は雨となりました。予報よりも早くに雨が降り出しました。まだ、この時は雨は降っていなかった筈ですが、対岸の千葉県は全く見えません。この世界に存在するのは、第51掃海隊・掃海艦さん水中処分員の皆様と東北防波堤と東北赤灯台のみ。皆様が訓練に出てゆかれるこの時間帯は、通常、東京湾を忙しく行き交う大変多くの船が見えるのですが…漁船も多く見られます。ですが、「nothing」。また、海は穏やかに見えますが、この場面の直前、突如、処分艇さんが跳ね上がりました。音も聴こえた気がします。「ざばッ!」。処分艇さんが跳ね上がる程の波があった筈なのですが、名残は何処にも…海は謎です。そう云えば…東北防波堤に等間隔に何か立てられていますね…少し前まで、なかったと思うのですが。
by stbrristol | 2010-05-24 05:23 | ┣第51掃海隊
20100522(ヴェルニー公園より夜景)護衛艦「きりしま」「ひゅうが」
b0176417_141859.jpg
2010年5月22日(土)ヴェルニー公園より逸見岸壁・吉倉桟橋夜景
海上自衛隊第4護衛隊群第8護衛隊 護衛艦「きりしま」さん、第1護衛隊群第1護衛隊 護衛艦「ひゅうが」さん

かなり時間が詰まっているのですが、突如、親族の集まりにて横須賀方面へ行く事となり、その後(無理矢理)、ヴェルニー公園へ。ほぼ無風。夜になってからヴェルニー公園を訪れると、何故か無風の晩が多いように思います。時間が止まっているかのように。残念ながら標準のレンズを持たずに出かけた為、引き切れていませんが、薔薇と「きりしま」さんと「ひゅうが」さん。横須賀中央でのお祭りを通り過ぎて来た事もあり、重厚な夜景と云うより…艶やかな夜景となりました。
by stbrristol | 2010-05-23 01:12 | 護衛艦隊
20100426 『YOKOSUKA軍港めぐり』(逸見岸壁)護衛艦「はるさめ」
b0176417_1214184.jpg
2010年4月26日(月)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊第2護衛隊群第6護衛隊 護衛艦「はるさめ」さんの皆様

ここ『りぶろ』は速報性700pixブログですが、ローカルディスク上では、日々、直近の記録のみを見ているのではなく、頻繁に2008年8月から現在までを行き来しています。また、画像を作成する段階で、前後の「繋がり(連なり)」を確認し、投稿しています。今夜は、逸見岸壁に着岸されたばかりの護衛艦「はるさめ」さん(正確には、「着岸」とは云わないのでしょうか…)。大型連休直前の記録です。お隣は、試験艦「あすか」さん。逸見岸壁が完成して以降、『YOKOSUKA軍港めぐり』、ヴェルニー公園からの記録に大きな変化が生まれました。と云うよりも、大きく変わったのです。新年度より。こちらの場面の約20分前には横須賀本港内にて、護衛艦「はるさめ」さん、米海軍さんのイージス艦「カウペンス」さんが同時に「廻答」されていました。横須賀の港各所が「同時進行」の見学が激増したようにも思います。
by stbrristol | 2010-05-22 01:29 | 護衛艦隊
20100519 『YOKOSUKA軍港めぐり』掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「つしま」水中処分員の皆様「白」
b0176417_2346595.jpg
2010年5月19日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「つしま」水中処分員の皆様

昨年9月9日を瞬時に思い起こす場面でありました。そして、昨年、殆ど記録する事の出来なかった皆様。海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊…掃海艦さん水中処分員の皆様である事は判っています。判っているのですが…「大トリの難関」となっています。掃海艦さんにご所属の水中処分員の皆様、ほぼ全ての方々のお顔ぶれは判っています。そして、横須賀にいらっしゃる水中処分員の皆様、新年度よりのご所属にての記録は、ほぼ揃いました。ですが、「大トリの難関」、第51掃海隊の皆様のみ、それぞれのご所属が確認出来ていません。ですが、もう焦っていません。全ての方々のご所属が確認出来た時点で、記録・投稿終了ではなく、「これより始まる」のですし、あともう少しで、「スタートライン」から、走り出せるのです。新米見学者、「白い四角」に解答があると希望を持ちましたが…「白」。でも、もう焦る必要はありません。「はじめに記録ありき」。
b0176417_23555816.jpg
2010年5月19日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「つしま」水中処分員の皆様

第51掃海隊…掃海艦さんがたの水中処分員の皆様、いつものように至極落ち着いていらっしゃるのですが、この日この時間帯の吾妻島前、非常に強い南風が吹き、更に小雨も降っていました。「降っている」のではなく、「飛んでいる」のですが。強風に。ですが、やはり、皆様が非常に落ち着いていらっしゃるので、穏やかな曇天の午后にしか見えないのです…この時、雨の飛礫が叩く強風の吾妻島前で、Sea friend V号さん2Fデッキには、やけにお客さまが多い??と思っていたのですが、実は殆どの皆様が地元・横須賀の元気いっぱいのおぢさまがたであったのです。強風と雨に殆ど動じていないので、不思議に思っていたのですが。海上自衛隊さんOBの方々?とさえ思いましたが、横須賀の地元企業の社長さん、会長さんがたでした。横須賀と共に生きて来られた皆様であったのです。「水中処分員の皆様が訓練なさっていますよ」とお知らせしたところ、「おう!(知っているぞ)」的リアクションが返って来ました。

【20100531追記】第51掃海隊掃海艦「やえやま」さん、「つしま」さん、「はちじょう」さん水中処分員の皆様、全ての方々のご所属を確認致しました。投稿文を修正しようと思いましたが、敢えて投稿文はそのままと致します。画像下のご所属表記のみを修正致します。また、新年度よりこれまでの投稿も順次修正してゆきます。
by stbrristol | 2010-05-21 00:03 | ┣第51掃海隊
20100519 『YOKOSUKA軍港めぐり』汐入桟橋より「高圧線」
b0176417_23322559.jpg
2010年5月19日(水)『YOKOSUKA軍港めぐり』乗場「汐入桟橋」より 東京電力さん高圧線

『YOKOSUKA軍港めぐり』13時便最終盤、汐入桟橋着岸直前の事でした。ふと見上げると…見慣れた高圧線が、いつもと違って見えました。「何かが違う?」。reflexを向けると…高圧線鉄塔にて作業なさっている方々。東京電力さんの皆様であると思うのですが…コワい…心臓ばくばくの高所。しかも、高圧線。数日前(前週)、『ver.YB』のヘッダを「鉄塔」に変更した直後でしたので、よもや、ほぼ同じ画角を記録する事になるとは思ってもいませんでした。「高圧線」。東京電力さんの『電気・電力辞典』で調べてみました。

電気は発電所から送電線を通り、さらに配電線にのって家庭や工場などまで届けられています。この配電線に高圧線と低圧線、それに特別高圧線の3種類があります。このうち高圧線の電気の電圧は 6,600ボルトです。6,600ボルトより高い電圧を必要とする工場などには2万2,000ボルトで工場まで電気を送ります。これが特別高圧線です。

こちらの高圧線が「高圧線」であるのか、「特別高圧線」かは判りませんが、いずれにしても、大変高い電圧が存在している事は判ります。『ver.YB』ヘッダに「鉄塔」を使用したのは、Yahooブログさんはらぶりーなパーツが多かった為、極めてシンプルな設定にしていましたが、突如、「鉄塔」が加わり、水中処分員さん・潜水員さんに最も近しいパーツであると即座に変更しました。「磁気」「磁場」、そして、多数のロープ、ケーブル等、『gvein(別館)』にも書きましたが、「陸の横須賀消磁所」に思えた場面でした。自分が深い海の底から、水中処分員さんの海の中の姿を見ているかのように。
by stbrristol | 2010-05-20 23:42 | 情景