<   2010年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
『Practice TOURS ver.201007』(大湊湾)護衛艦ちくま・いかづち「発光信号」
b0176417_401919.jpg
2010年7月27日(火)青森県むつ市大湊湾にて
海上自衛隊護衛艦隊第15護衛隊 護衛艦「ちくま」さん、第1護衛隊群第5護衛隊 護衛艦「いかづち」さん

早朝の大湊湾。前日より洋上にいらした護衛艦「ちくま」さんのもとへ、横須賀よりお越しの護衛艦「いかづち」さん。『YOKOSUKA軍港めぐり』にて、いつも横須賀でお目にかかっている「いかづち」さん。この日、大湊湾に来られるとは思ってもみませんでした。靄に霞む視界に1灯。ちかちかと点滅しています。「発光信号」ですね。解読できぬのが残念でありました。
b0176417_464967.jpg
2010年7月27日(火)青森県むつ市大湊湾にて
海上自衛隊護衛艦隊第15護衛隊 護衛艦「ちくま」さん、第1護衛隊群第5護衛隊 護衛艦「いかづち」さん

「発光信号」を解読できずとも、「ちくま」さんと「いかづち」さんの会話が聴こえて来そうな場面です。何をお話しされていたのでしょうね…5月の高松港にての掃海艦「はちじょう」さん体験航海の際、掃海艇「つきしま」さんの発光信号を見学する機会がありましたが、今回は実際の「光通信」です。初見学となりました。
b0176417_492013.jpg
2010年7月27日(火)青森県むつ市大湊湾にて
海上自衛隊護衛艦隊第15護衛隊 護衛艦「ちくま」さん、第1護衛隊群第5護衛隊 護衛艦「いかづち」さん

「ちくま」さんのお返事は見る事が出来ませんでしたが、「光通信」は数分間続きました。「発光信号」が実際に海上自衛隊さんにて使用されている際の見学でした。改めて思った事は、光の点滅で会話が出来る、日常的にその光の点滅を解読出来る海上自衛隊の方々は「スゴい」と思いました。子どものような感想ですが、実際にそう思ったのです。光の点滅で会話が出来るとは…

現在、平成22年度機雷戦訓練・掃海特別訓練の最終盤「Triumph ride」の記録を詳細に確認しています。全19隻の皆様のご所属と陣形の確認を行っています「Triumph ride」は、『gvein(別館)』へ先行投稿予定です。
by stbrristol | 2010-07-31 04:16 | 平成22年度機雷戦訓練(陸奥湾)
『Practice TOURS ver.201007』(芦崎湾)旧掃海艇うわじま「月の出」
b0176417_23392767.jpg
2010年7月25日(日)芦崎湾にて 海上自衛隊大湊地方隊函館基地隊第45掃海隊 旧掃海艇「うわじま」さん

2010年6月25日に勇退された掃海艇「うわじま」さん。静かに芦崎湾に休んでおられました。鏡のような芦崎湾には、月の光が映り、とても美しい光景ではありますが、2008年11月に『YOKOSUKA軍港めぐり』にて初めてお目にかかった際の掃海艇「うわじま」さんのお姿が思い出されました。大湊に到着し、真っ先にお目にかかったのは、旧掃海艇「うわじま」さんでした。
by stbrristol | 2010-07-28 23:44 | 平成22年度機雷戦訓練(陸奥湾)
『Practice TOURS ver.201007』(芦崎湾)護衛艦「あぶくま」「せとぎり」掃海母艦「うらが」自衛艦旗降下
b0176417_23222578.jpg
2010年7月25日(日)青森県むつ市芦崎湾にて
海上自衛隊護衛艦隊第14護衛隊 護衛艦「あぶくま」さん、第3護衛隊群第3護衛隊 護衛艦「せとぎり」さん、掃海隊群 掃海母艦「うらが」さん
(注:護衛艦「あぶくま」さんは、現在、ご所属が変わっておられるかもしれません)

初めて訪れた地「大湊」にて、自衛艦旗降下の時刻。『YOKOSUKA軍港めぐり』の『サンセットクルーズ』に乗船しているかのように思えました。鏡のように穏やかな芦崎湾。右手、大湊地方総監部さん方面には、ずらり整然と掃海母艦さん、掃海艦さん、掃海艇さん(おそらく全19隻)がいらっしゃるのですが、こちらの位置からは記録が難しかったです。静かな芦崎湾に響くらっぱの音(「おと」ではなく「ね」)。厳粛な日の入りの刻であります。『サンセットクルーズ』のSea friend V号さんと大勢のお客さまはいらっしゃらないのですが、こちらもずらりと並ぶタクシーの運転手さんがたが「乗客」でありました。
by stbrristol | 2010-07-28 23:33 | 平成22年度機雷戦訓練(陸奥湾)
『Practice TOURS ver.201007』(大湊湾)「月の出」
b0176417_22545674.jpg
2010年7月26日(月)青森県むつ市大湊新町より大湊港・大平漁港

約10日ほど投稿が停止しておりました。再開最初の投稿は、美しい大湊湾の夕刻。まだ、少しだけ明るさの残る空に満月。鏡のように穏やかな海に映る月の光。心から美しいと思った情景でした。実に穏やかで美しく、この地を去り難いと強く思いました。
by stbrristol | 2010-07-28 23:06 | 情景
20100715 『YOKOSUKA軍港めぐり』(kawasaki industrial)護衛艦「はるさめ」
b0176417_241875.jpg
2010年7月15日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊第2護衛隊群第6護衛隊 護衛艦「はるさめ」さん

護衛艦「はるさめ」さん、横須賀本港を目指して直線上。背景は、京浜工業地帯扇島。JFEスチールさん東日本製鉄所であると思います。赤い灯浮標は「よこすか8」。この数分後、臨場感満点の護衛艦「はるさめ」さん至近距離通過となります。

ここ『りぶろ』、再び投稿が一時停止しておりますが…現在、通常のマシン環境ではない為、700pix画像が作成しづらい状態であります。
by stbrristol | 2010-07-20 02:14 | 護衛艦隊
20100708 『YOKOSUKA軍港めぐり』(吾妻島)横須賀水中処分隊・警視庁第7機動隊「紫陽花」
b0176417_22575394.jpg
2010年7月8日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、横須賀港務隊 交通船YF2135号さん
警視庁「第7機動隊」の皆様

この日、吾妻島前にて訓練なさっていたのは、海上自衛隊「横須賀水中処分隊」・潜水医学実験隊・潜水艦救難母艦「ちよだ」さん飽和潜水員の皆様と警視庁「第7機動隊」の皆様。こちらの場面は、横須賀水中処分隊のお方と第7機動隊の皆様。吾妻島前に鮮やかなブルー&イエローの方々…警視庁の皆様と吾妻島のガクアジサイ。海上自衛隊さん、警視庁さん、どちらも紋章に「桜」を拝されていますが、日本原産のガクアジサイも違和感がないように思えました。多分に個人的印象であるかもしれませんが。私たちの日々の安全と平和を護って下さる方々は、子どもにも判りやすい言葉で表現すると…「強い人たち」。その「強い人たち」と、たおやかな紫陽花。前回投稿は僅か数十分前だと云うのに、夏の機雷桟橋からは一変し、吾妻島前は梅雨空風情。
by stbrristol | 2010-07-14 23:21 | ┣横須賀水中処分隊
20100708『YOKOSUKA軍港めぐり』(機雷桟橋)YF2135 with JMSDF INDUSTRIAL DIVERS
b0176417_22435492.jpg
2010年7月8日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊横須賀警備隊横須賀港務隊 交通船YF2135号さん、横須賀水中処分隊の皆様、潜水医学実験隊の皆様、潜水艦救難母艦「ちよだ」さん飽和潜水員の皆様

お昼どきの機雷桟橋に交通船YF2135号さん。続々と出て来られているのは、横須賀水中処分隊・潜水医学実験隊・潜水艦救難母艦「ちよだ」さん飽和潜水員の皆様。吾妻島前に大勢の方々が訓練に出て来られる「予告」。『YOKOSUKA軍港めぐり』のSea friend V号さんが汐入桟橋に戻る数分前の場面です。更に、この後、鮮やかなブルー&イエローの皆様がご登場になられた筈なのですが、残念ながら「時間切れ」となりました。それにしても、「夏」ですね。横須賀的には、今年は「空梅雨」。梅雨の晴れ間と云うより、既に夏なのですが、1日のうち、目まぐるしく空模様が変わるのが今年の特徴でしょうか。
by stbrristol | 2010-07-14 22:50 | INDUSTRIAL DIVERS
20100708 『YOKOSUKA軍港めぐり』(adzuma ruins)横須賀水中処分隊・警視庁第7機動隊
b0176417_5535055.jpg
2010年7月8日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊横須賀警備隊「横須賀水中処分隊」の皆様、警視庁「第7機動隊」の皆様

目まぐるしく変わる空模様。雲に覆われ、視界がやや暗くなった頃、吾妻島前洋上に鮮やかに翻るイエローフィン。昨年7月の近い距離での見学記録がなければ、イエローフィンの「7機」の文字は読み取る事が出来なかったかもしれません。今年も横須賀水中処分隊の皆様と警視庁「第7機動隊」の皆様が訓練をご一緒されている際を見学する事が出来ました。今年は吾妻島前ですので、やや距離が開き、また、殆どの方々が海の中にいらっしゃる際の見学記録となりましたので、第7機動隊の皆様のお姿(記録)は、やや少なくなってしまいましたが…遠目でも、暗くなった視界に鮮やかなイエローフィンは目を引きました。この日、第7機動隊の皆様と訓練をご一緒されていたのは、海上自衛隊「横須賀水中処分隊」・「潜水医学実験隊」・潜水艦救難母艦「ちよだ」さん飽和潜水員の皆様です。
by stbrristol | 2010-07-11 06:02 | ┣横須賀水中処分隊
20100629,0706 『YOKOSUKA軍港めぐり』・ヴェルニー公園 護衛艦ひゅうが、きりしま「整然」
b0176417_5254044.jpg
2010年7月6日(火)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて 海上自衛隊第1護衛隊群第1護衛隊 護衛艦「ひゅうが」さん
海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊横須賀港務隊 大型曳船YT79号さん、67号さん、95号さん

横須賀本港へ戻られる護衛艦「ひゅうが」さん。お出迎えは、大型曳船YT79号さん、67号さん、95号さん。完璧な「配置」です。「黄金等間隔」です。見事と云うより他に表現はありません。「美事」でも良いです。『YOKOSUKA軍港めぐり』の終盤、新井掘割水路を抜けた直後。この距離・この位置でなければ、「全景」は難しいのです。角度も重要。斜め直列は、この位置でなければ記録出来ません。全てが「合致」した場面です。
b0176417_5331433.jpg
2010年6月29日(火)ヴェルニー公園より 海上自衛隊第4護衛隊群第8護衛隊 護衛艦「きりしま」さん
海上自衛隊横須賀地方隊横須賀警備隊横須賀港務隊 大型曳船YT66号さん、74号さん

こちらも「美事」です。護衛艦「きりしま」さん入港をヴェルニー公園の「ある位置」より。『YOKOSUKA軍港めぐり』終了後も、なかなか帰る事が出来ないのは、このような場面の見学が出来る為です。鏡のように穏やかな横須賀本港内に滑るように静かに静かに「きりしま」さんが戻って来られました。お出迎えは大型曳船YT66号さん、74号さん。そして、「きりしま」さん内火艇さん2隻。やはり美事な「配置」なのです。
by stbrristol | 2010-07-11 05:38 | 護衛艦隊
20100610 『YOKOSUKA軍港めぐり』第51掃海隊 掃海艦「やえやま」team EOD 「群青」
b0176417_23611.jpg
2010年6月10日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「やえやま」さん水中処分員の皆様

2010年7月3日の段階で、この日6月10日は「本年度屈指の快晴」です。湿度も低く、文句なしの天候でした。現在は赤潮が発生している吾妻島前。約1ヶ月前は「横須賀的・東京湾的群青の海」でした。掃海艦「やえやま」さん杉山艦長、水中処分員の皆様、処分艇さん上にて黙々と黙々と細かい作業をなさっています。
b0176417_2404118.jpg
2010年6月10日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「やえやま」さん水中処分員の皆様

徐々に背景が移り変わってゆきます。とにかく、極めて視界良好。目も覚めるような光景です。このような状況で見学記録出来るのは、1年でも数回。10回にも満たないのです。
b0176417_2434021.jpg
2010年6月10日(木)『YOKOSUKA軍港めぐり』にて
海上自衛隊掃海隊群第51掃海隊 掃海艦「やえやま」さん水中処分員の皆様

眼前に群青の東京湾が拓けました。実に美しい光景なのですが、皆様は黙々と黙々と細かい作業をなさっています。海の中にはお二方。レジャーや観光で洋上にいらっしゃる訳ではありませんので、ただひたすらに黙々と…海の素人の新米見学者2年生などは、この目も覚めるような東京湾的群青に目を奪われがちで、海は美しいだけではない事が、まだよく判っていないのです。
by stbrristol | 2010-07-03 02:50 | ┣第51掃海隊